コーヒーブレイク:猫のボランティア漫画⑭

最近猫不足です。色々仕事も忙しい時期ですし家庭内でも色々あり、癒し成分が欲しいです。

現在は会社の通勤時に歩いて帰っているのですが、その際にわざわざ猫が居そうなところに寄ったりしているのですが全然会えません。

やっぱり寒い時期は猫もじっとしていたいですよね。では猫のボランティア漫画14回をご覧ください。

第27話:猫は意外となんでも食いつく

猫と一緒に生活している人は良くわかると思いますが、結構何でも齧ります。

その前に一緒にいたマルコはそうでもなかったので、私はわからなかったのですが、木のスプーンや箸を結構ガブガブされました。

素材というよりもご飯のにおいが香っているからかなと思います。(ちゃんと洗ってるんですが、猫の嗅覚は人間よりもずっといいですからね。)

なので、朝に箸やスプーンが齧られていたことが結構あります。

また、伊達君については本当になんでも食べようとします。

当時私も妻もお弁当を持って会社に行っていたのですが、朝にお弁当の準備をしていた時に伊達君が机にこそっと登ってきて、お弁当のご飯(ふりかけとかもかかっていない状態)を食べたときはびっくりしました。

ちなみに人間の食事は塩分が多いので、与えるのはあまりよくありません。

伊達君もさくらも里親会の一時預かりでしたので、気を付けていましたが、流石にここまでしてくるのは予想外でした・・・

誰か人が見ているとやらないので、夕飯や朝ごはんで使用したものは洗ったらすぐに片付けるか、本当に届かないところに置くようになりました。

第28話:里親会に連れて行こう!

週に一度は里親会に二匹を連れて行っていました。

二匹もちゃんと分かっており、キャリーバックを用意すると里親会に連れていかれることを察し、二匹とも隠れてしまいます。

そこで二匹をおびき寄せるために、好物のおやつを出します。

ガサガサとわざと音を出して、「おやつだよ~」というとさくらは颯爽と飛び出してきます。

そこでさくらを持ち上げてキャリーバックに入れていました。
※ちゃんとおやつはあげています。

捕まえたときに騙されたー!と言わんばかりに鳴き声をあげるんで、我々もかわいそうだな~と思います。

しかし、本当にかわいそうなんですが、我が家では一時預かりのためこの子たちの里親さんを探すためにも心を鬼にして連れていきます。

そうしたら、そのあとはゆっくり二匹仲良く暮らせるので、それまでの辛抱です!

最後に

さて、年末も近づいてきましたが皆様お仕事はどうでしょうか?

私はセキュリティの仕事を始めて8年目ですが、年末が忙しくなかったことは一度もありません。

毎年辛いなと思いながら仕事をしています。

忙しいときはミスが結構出がちになりますので、こういう時にこそ落ち着いて仕事をすることも重要になるかと思います。

その際はこのブログの猫漫画や猫の画像を見て心を落ち着かせてから仕事に取り組んでみてください。(このブログじゃなくてもいいですが。)

忙しくなりますが、体調には気を付けて乗り越えていきましょう!

不明点や要望やこういったこともやって欲しいとの要望があれば、お問い合わせページやコメント、ツイッターからでも結構ですので、気軽にご連絡ください。

コメント