基本的な検証環境を作ろう!Ubuntu 18でLAMP環境を作るよ!②

セキュリティ

前回に引き続き、LAMP環境の作成です。

Ubuntu18のダウンロードやインストールを確認したい方は前回の記事を参照頂ければ幸いです。

今回でLAMP環境は構築できますので、その後はCMSを入れるなり、脆弱性の検証で使用するなり自由に遊んでください。

※ソースコードコンパイルとかはやりませんので、予めご了承ください。多少細かい言葉の言い回しが気になる人もいるかと思いますが、温かく見守ってください。

続きから進めていきます。

Apacheのインストール

OSインストール時に設定したパスワードを入力し「サインイン」を押します。

サインイン後の画面です。左上のアクティビティを選択します。

検索窓で「ter」と入力し、結果として出てきた「端末」を選択します。

端末を選択すると以下のようにターミナルの画面になりますので、こちらで操作していきます。

以降は必要な箇所以外はコマンドを記載します。まずはパッケージリストの更新を行います。

$ sudo apt update

パスワードを求められますので、OSインストール時のパスワードを入力します。

以下のような感じでパッケージリストの更新が行われます。

パッケージリストの更新が終わり、早速Apacheのインストールを行うため以下コマンドを入力します。

$ sudo apt install apache2 -y

すると環境によっては以下のようなメッセージが表示されインストールできない場合があります。

その場合は以下を参考にファイルを削除します。

dpkgのlock解除 – ロボットと趣味と自堕落と

$ sudo rm /var/lib/apt/lists/lock
$ sudo rm /var/lib/dpkg/lock

そして再度Apacheのインストールコマンドを入力すると以下のようにインストールが開始します!

さて、webサーバであるApacheのインストールができたので、実際に動作しているか確認しましょう。

まずはVM環境のIPアドレスを確認するため、以下コマンドを入力します。

$ ip addr

※ifconfig と入力したいところなんですが、Ubuntu18から「net-tools」が含まれてません使用したい場合は「$ sudo apt install net-tools」と入力しインストールしましょう。

VM上のブラウザでもいいのですが、今回はwindow(ホストマシン)から確認します。適当なブラウザ(IE等)を立ち上げて先ほど確認したIPアドレスを入力します。例:http://192.168.70.131/

すると以下のようなApacheのデフォルトページが表示されればOKです。

PHPのインストール

続けて、PHPのインストールを行います。以下コマンドを入力します。

$ sudo apt install php -y

Ubuntu18の環境であればPHP7系がインストールされるはずです。

次に以下コマンドでPHP用のapache2モジュールをインストールします。

$ sudo apt install libapache2-mod-php -y

ではWebサーバ上でPHPが動作するか確認しましょう!

 

$ cd /var/www/html/
#ディレクトリを移動
$ sudo nano test.php
#テスト用のPHPファイルを作成

ファイル内容はphpinfo()が表示するように以下を記載します。

<?php phpinfo(); ?>
# 入力が終わったら、ctrl+Oで保存して終了します。

windowsのブラウザに戻り、作成したファイルにアクセスするようにURLを指定します。
例:http://192.168.70.131/test.php

以下のようにphpinfo()の画面が表示されればOKです。

MySQLのインストール

そして最後に「MySQL」をインストールします。
※結構つまずきました。

以下コマンドを入力します。

$ sudo apt install mysql-server
$ sudo mysql_secure_installation

以下を参考にやっていきます。

MySQL 5.7 で sudo 無し root ログイン

MySQL 5.7 インストール後に root パスワードを変更する方法

1.rootユーザのパスワード変更:2回(確認も含め)

2.anonymous ユーザの削除:削除する(y)

3.リモートからのrootでのログイン禁止:禁止する(y)

4.testデータベースの削除:削除する(y)

MySQLが動いているかは以下のようにMySQLに入ってデータベース一覧を確認してみましょう。

$ sudo mysql -u root
> show databases;
#データベース一覧が表示される

 

MySQLが仕様が少し変わったみたいで焦りました。
※以前はインストール時にrootのパスワードを設定してましたが、セキュリティ上を考慮してこうなったんでしょう。

この環境ができれば、wordpress等のCMSもインストールは楽です。皆様LAMP環境で遊びましょう!

質問や不明点等あれば、コメントやツイッター等でご連絡頂ければ幸いです。

コメント